11/20 カジノ止める会鶴見『見える化』大作戦 活動報告 

『見える化』大作戦 初日

11月20日スタート 初日はカジノ止める会鶴見と合同で企画して、京橋京阪モール前で10時スタートしました。止める会・城東、鶴見に加えて、旭区、中央区、東大阪、大阪狭山からも来てくださって、総勢27人での取り組みになりました。山川さんのマイクアピールと見える化大作戦の替え歌も交えた音源、初登場バナーも目を引きます。足早に通り過ぎる中でも立ち止まってくれて見えるカードを書いてくれる方や受け取ったチラシを見てからスタッフの所に書きに来てくれる方、賛成という方とも話ができ、2時間で126枚カードが集まりました。

午後は公園で企画のSARUGAKU祭の会場へ。スタック3人で1時間で31枚集まりました。家族連れでイベントに遊びに来てる人、友達と来てる人、出番を待っている人、声かけてカジノ賛成?反対?の文字に、カード記入を声かけると考えて書いてくれました。絶対反対とか、依存症対策必要ということが依存症が起こるということ、だからいらんねん、などと話してくれながらカードを書いてくれました。小学生男子が、はんたーい、と言いながら寄ってきて書きたいと言って、「いっかいかったらまたやりたいってなる。ゆーちゅーぶででてきた」とコメント書いてくれました。中学生の男女二人も、一生懸命コメント考えて「税金をそこに使うなら、医療保障にあてて」「未来のためにカジノはやめて下さい。もっと困っているなどの人たちのためにお金を使って下さい。それが正しいお金の使い方だと思います」と書いてくれました。吉村さん、松井さんに届けたいよ、この声! 明日も頑張ろう!と元気をもらいました。区内のお家訪問でサポーターをお願いしたり、1日で延べ37人の参加での行動になりました。

タイトルとURLをコピーしました